志望動機の書き方

面接を突破できる!志望動機の書き方を解説!

履歴書や職務経歴書、面接まで就職活動には経歴と並んで重要になってくるのが志望動機です。企業があなたがどのように働きたいか知ってもらえるような志望動機を書くにはパターンがあります。自分が何故その企業で働きたいのかをより伝えるために、企業にアピール出来る志望動機を作りましょう。

自分のビジョンを伝える

  • 自分が将来どのような仕事をしたいか、ビジョンを書き込もう。
    自分が興味を持っている事、どのように仕事をしたいか、そのためにはどのようなスキルを身につけていくのかを書き込もう。企業は求めている人材とマッチしているかをあなたの志望動機と照らし合わせて判断します。
    あなたにとっても就職した後に思った通りの仕事ができるかの分かれ道。じっくりと、あなたなりのビジョンを伝えよう。
  • なぜ自分がそのように考えるようになったのか、経験を書き込もう。
    あなたがどのような仕事をしたいかと考えるようになったのには理由があるはず。
    その業界で活躍している人の語る内容に共感したことや、実際にその業界で働いている人の仕事に触れたこと、以前の仕事では実現できなかったことなど、あなたのビジョンの根拠になる、あなた自身の経験を書き込もう。
  • ビジョンを実現するためには、何が必要かを書き込もう。
    ビジョンを具体的にすることができたら、実際に実現するために必要な環境やポジション、企業の取り組みがわかります。○○を実現するためには、○○が必要になってくるという風に企業に伝わる様に具体的に書いてみましょう。
  • 自分が将来どのような仕事をしたいか、ビジョンを書き込もう。
    ここまで書けたら、実際に応募する企業の具体的な取り組みを絡めて書き込もう。あなたのビジョンが応募する企業とマッチしていれば、企業はあなたを共に働いていける人材として見てくれます。あなたの経歴やスキルからその企業にどのように貢献できるかをアピールするチャンスです!
    チャンスを掴むためにも、しっかりと企業がどのような点に力を入れているのか、しっかりと研究して面接に臨もう。

企業は「あなたがなぜこの業界で働こうとするのか」と「なぜ自分の会社なのか」という動機を知りたいと思っています。あなたの考えるビジョンや動機、そのために必要なものを志望動機としてわかりやすく企業にアピールしよう!